今日も御言葉と共に 2020年7月8日
★今日の本文の御言葉
詩篇141 - 10節
♣今日の要節
「詩篇141編3節 - 主よ。私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってください」
♥今日の瞑想
「あなたが正しいことを考えていないときは、あなたが言わないようにしてください。
★今日の本文の黙想
招待スピーカーの演説が長引く長年の会議に出席した男がいました。
耐え難いスピーチが長くなって、彼は立ち上がり、サイドドアから出ました。
廊下で会った友人が「まだ終わっていない?」と尋ねました。
「いや、ずっと前に終わったが、彼はそれを知らない!彼は止めようとはしていない!」と彼は答えました。
ポイントに合った価値のある言葉を言うことは、毎日他の人と話すときに覚えておくべき有益なアドバイスです。
正直言って、私たちの会話のいくつかは、慎重に吐き出す言葉に過ぎないということを認めなければなりません。
マタイによる福音書12:36によるとイエス様は
「人はその口にするあらゆるむだなことばについて、さばきの日には言い開きをしなければなりません。」と警告しました。
しばらく時間をもって、あなたの日常的な会話はどうか考えてみてください。
会話のほとんどのテーマは何ですか?
あまりにも多くのことを言って、他の人に話す機会を与えないのですか?
あなたの会話は他の人にとって有益ですか?
そして、何よりも、あなたの言葉は主に栄光あげますか?
神は、あなたが空いている言葉ではなく、他の人を立てることができる言葉をするようにすることができます。
今日、ダビデの言葉をあなたの祈りにしてください。
詩141:3
「主よ。私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってください」。
私たちが話すことがないとき
どのくらい簡単に沢山話していますか?
しかし、私たちが神に自分自身を服従させるとき
私たちの言葉は他の人の心に祝福されます。